Recent Trackbacks

« Eclipseを始めとする開発環境のプラットフォーム化 | Main | オライリーのカレンダ »

2005.01.16

DSLについて考えてみたり

Many syntaxes for one semantics

上のリンクでは、我々DCSのエンジニアにとっては非常になじみ深いラダーシーケンスロジックがDSL(Domain Specific Language)の例としてあげられています。

ラーダーシーケンスは、シーケンスロジックを記述するためのプログラミング言語で、PLC(Programable Logic Controler)の世界では一般的なプログラミング言語です。さてこのプログラミング言語がDSLだとすると、DSLの定義とはいかなる事になるのでしょう。考えられる定義条件は以下のようになるのでしょうか。

一般的なプログラミング言語(例えばC#)より抽象度が高い。
基本的に図をベースにプログラミング(目標を実現する手段)を行う
特定の用途や目的(特定ドメイン)を言語の対象としている。

こう考えると、DSLはOOA/DにおけるUMLの代わりと言うよりもMDAでのUMLに近いものであると考えた方が良さそうです。DSLは実行できると考えた方が良さそうです。タダ、Whitehorseの実装から考えるとそうでもないので、もう少し間口が広いのかもしれません。
また、取りあえずSoftware Factories本も呼んでないので激しくはずしているかもしれません。

結局名無しさん#さんへの回答にはならなかったようです。
_| ̄|○・・・はうぅ・・・

« Eclipseを始めとする開発環境のプラットフォーム化 | Main | オライリーのカレンダ »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference DSLについて考えてみたり:

« Eclipseを始めとする開発環境のプラットフォーム化 | Main | オライリーのカレンダ »

September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
My Photo

Blogmap

無料ブログはココログ